排卵期の症状とは

排卵日の症状とは

排卵日の症状とは

排卵日を知るためには、基礎体温をつけながら症状が出る時期を記録することが大切です。

 

毎月体温が低温期から高温期に移行する辺りで痛みの症状が出ていれば、排卵痛になっている可能性が高いと言えます。

 

以下のような症状があった時は、排卵日である可能性が非常に高いです。一般的な症状をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

 

一般的な排卵日の症状

下腹部の張り、痛みを感じる

下腹部あたりに痛みを感じるまたは針を刺されたようなチクチクした違和感がある。

おりものに変化がある

おりものの量が増加または粘り気がある。排卵期のおりものの場合には、透明で伸びがあるのが特徴。

出血がある

卵胞が卵巣を破った際に起こる出血排卵期出血がある。

胸が張る、痛みがある

胸部に張りがり、痛みがある。

体重が増加する

足がむくむまたは食欲が増加して体重が増えた。

唾液がネバネバする

女性のホルモンバランスの変化で唾液が粘る場合がある。

常にイライラが収まらない

体内のホルモンバランスが変化することで不安定になりイライラ感がでる。

頭痛がある

エストロゲン≪卵胞ホルモン≫が減ることで、脳内物質のセロトニンが減少し血管が拡がることで頭痛が起こる。

眠気を感じる

ホルモンの分泌が活発になり眠気を感じやすくなる。

 

排卵日チェッカーなどで計測してあなたの体の調子を把握をしておくことが大切ですよ。