いますぐ改善したい、女性に多い低体温!

女性に多いといわれている冷え、冷えは万病の元とも言われているように、体温が1度下がると免疫力は30%低くなるということがわかっています。

 

低体温は一般的に、体温が36度未満のことを指しますが、この状態が続くと、体の中の酵素という物質が正常に働かなくなるので、疲れやすい、風邪ばかりひくようになるといった体調不良のほかに、痩せにくくなったりお肌の調子が悪くなったりと、女性にとっては美容にも悪いという結果につながります。

 

この低体温になる原因は様々で、ホルモン異常などの疾患が原因ではないのなら、生活習慣を見直すことが大切です。冷たい食べ物や飲み物を取りすぎない、薄着をさける、適度な運動をする、タバコは吸わないなど、血行を良くする対策を取り入れてみましょう。日常生活において何気なく取っている行動が、体をどんどん冷え性に導くと、体温が1度下がると免疫力は30%低くなるといわれているように、様々な疾患を引き起こしかねません。

 

風邪などの感染症以外にも花粉症などのアレルギー症状が出やすくなるといわれていますし、体温が35度になるとがん細胞が活発になるとも言われています。

 

また最近心療内科を訪れている方が増えていますが、自律神経が狂うのも、低体温が原因だといわれているようです。

 

体温が1度下がると免疫力は30%低くなるということは、逆を返せば体温を上げることができれば様々な不調が改善されるということなので、運動が苦手なら発汗作用があるショウガなどを積極的に取りいれるなど、食材で改善する方法もお勧めです。